「経営問診表」(無料簡易版:)
質問事項  Yes=1・No=-1 どちらでもない=0
1 創業者のような熱いマインドで、業績はいいですか(Yes=1、No=-1、?は0)
2 DX時代に相応しい、明確な将来ビジョンと戦略をもっていますか
3 自社の強みとなる確かな技術力やスキルがありますか
4 コア製品にプラスαのアイデアで魅力ある新商品を生み出す活力がありますか
5 社内は一緒に戦える人材がそろっていますか、従業員満足度は高いですか
6 漫然と部下に任せず、業務プロセスの見える化を図っていますか
7 どんぶり勘定ではなく、管理会計で自社の数字をつかんでいますか
8 ファンになって頂いた顧客には、フォローサービスしていますか
9 イノベーション創出とマーケティング戦略に力を入れていますか
10 リスクや脅威に対して、事業継続計画を立てていますか
11 その他、実務上の困りごと(特に資金)はありますか

下記の計算結果

マイナス点 (~0点)  経営は重症 すぐに手を打ちましょう
プラス1点 ~ プラス5点  経営は課題あり。今が改革のチャンス
プラス6点以上  経営はまずまず。課題克服して飛躍へ
満点  経営は快調  ビッグな会社を目指せ!

 

では、次のページもどうぞ(参考) ➡☆彡➡

~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~

参考:経営自己診断(本格コース)のイメージ

☛☛ ページTOPに戻る

もう少し詳しく確認したい方のために「企業分析シート」を掲載します。
なお、入力はできますが出力は有料となりますので、お問い合わせください。

企業分析シート

A 企業診断

質問項目 【高5点⇔低0点】 点数入力5~0
■1創業者のような熱いマインドがある(経営者マインド・企業風土)
■2DX時代に明確な将来ビジョンと戦略がある(経営戦略&DX取組)
■3自社の強みに確かな技術やスキルがある(コア技術・スキル)
■4コア製品に+αのアイデアを生む活力がある(商品開発力)
■5社内に一丸となって働く社員の活力がある(人材活用・評価)
■6漫然とせず業務プロセスは見える化している(業務執行体制)
●7どんぶりでなく管理会計で自社の数字をつかんでいる(収益管理)
●8顧客には手厚いサービスをしている(顧客戦略)
●9マーケティング戦略に力を入れている(マーケティング)
●10リスクに対して日頃から準備をしている(事業継続計画)
〇11その他、実務面で困り事がある(個別案件)
★★【合計点】 合計点もさることながら、点数の低い質問項目があれば、それに注意していくことをおすすめします。

~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~

☛☛ ページTOPに戻る

~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~

B 財務診断

(手順1) 財務データ入力

貸借対照表、損益計算書に対象年度の数字を入力

貸借対照表

項目 入力 項目 入力
現金及び預金 支払手形
受取手形 買掛金
売掛金 短期借入金
有価証券 その他流動負債
棚卸資産 流動負債合計
その他流動資産 社債等
貸倒引当金 長期借入金
流動資産合計 その他固定負債
土地 固定負債合計
建物 負債合計
その他 資本金
有形固定資産合計 資本余剰金
無形固定資産 利益剰余金
その他固定資産 その他
固定資産合計 純資産合計
繰延資産
資産合計 負債・純資産合計

損益計算書

項目 入力
売上高
売上原価
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業利益
営業外収益
営業外費用
経常利益
特別利益
特別損失
税引前当期純利益
法人税等
当期純利益

(手順2)比較企業(業種・人数規模の選択)

比較する業種を選択。比較しない場合は「選択しない」を選択

 

 

比較業種の人数規模を選択

5人以下
6〜20人
21〜50人
51人以上

データは、総務省 統計局 中小企業実態調査から各指標を計算

政府統計の総合窓口2015年度


政府統計の総合窓口2019年度

(手順3)財務指標計算

計算ボタン・クリックで主要財務指標を計算
修正する場合は、数値を修正後、再度計算ボタンをクリック
※resetで、すべての入力データがクリア



種別 経営指標 自社の値 比較する業界の値 比較評価
収益性 売上高総利益率 (%) (%)
売上高営業利益率 (%) (%)
売上高経常利益率 (%) (%)
安全性 流動比率 (%) (%)
当座比率 (%) (%)
固定比率 (%) (%)
固定長期適合率 (%) (%)
自己資本比率 (%) (%)
負債比率 (%) (%)
効率性 棚卸資産回転率 (回) (回)
有形固定資産回転率 (回) (回)

計算結果の出力

計算結果のダウンロード。exelで出力します。

☛☛ ページTOPに戻る