■データサイエンスコンサルティング

種々のデータ(とりわけビッグデータ)を統計的に分析して、結果をビジネスに利活用し最適化するサイエンスをデータサイエンスといい、現在は「データ分析」「統計的機械学習」「人工知能(AI)」を総称して言いいます。

最先端の人工知能を用いなくても、製品や商品開発からマーケティングリサーチ、販売集客のどのステージにおいても確かなデータ分析、そして予測は重要です。

そして、データの持つ力を最大限に引き出すには、まず「解決したい課題は何か」そのために「どういうデータが必要なのか」を見極める力が必要です。

とりわけ戦略的に商品開発をして売上拡大、販路拡大を図りたいと願う企業様の課題解決には、経営力・現場力に裏付けされたコンサルティングスキルを伴うことで真の威力を発揮することは出来ます。

当研究所は、データサイエンスと経営戦略コンサルティングの2つのスキルで皆様の課題解決のお力になれます。

☘参考:基本的な課題解決フロー☘

ページトップに表示

加えて、ITの利活用でデータを更に生かし、サイエンスすることで差別化が可能です。

今の時代、そしてこれからはありきたりのデータ活用では変化や進化に取り残されてしまいます。

是非本物のデータ利活用を体験してください。

「データの持つ力を解き放つ」データサイエンティストとして、
次のプロフェッショナル要件を実装しています。

〇ビジネスとデータサイエンスどちらの世界にも精通している
〇統計学とプログラミングの知識の知識を有している
〇ビジネス上の課題抽出から課題解決の提案ができる
〇最新のIT利活用ノウハウを有している
●以上についての実務経験があります

ビッグデータのAI活用時代に相応しい、御社の経営課題に真摯に向き合います。

■リサーチコンサルティング

事業展開には欠かせない事前調査、マーケティングの成功は確かなリサーチから始まります。
データサイエンスの時代、確かなデータ収集分析で「どうなっているのか知りたい」という
ニーズにお応えします。

■建設調査設計部門の高度な技術的判断を求められる業務

技術士法に則り、建設部門の技術的課題(調査・計画・設計)についてご相談をお受けいたします。【技術士登録第27028号】

■技術的知見を伴う一般的なご相談・開発調査・計画・分析レポート業務について、高度な技術的知見を要しない範疇でご相談をお受けいたします。

以上、クライアント様のあらゆるニーズにお応えいたします。

 

 

☛☛ ページTOPに戻る